嵐電301号車の貸切イベントを開催

旧塗色の301号車を貸切運行! 通常とは違った経路で四条大宮~嵐山間を運行、西院車庫で「鉄道部品販売会」「撮影会」を開催というニュースです。

モボ301形301号車

京福電気鉄道が、2022年7月9日(土)に、今では残り2両となった旧塗色の電車、嵐電モボ301形301号車を貸切電車にして楽しんでもらうイベントを開催するようです。四条大宮を出発し、通常の営業車両では走行しない経路で嵐山までを貸切運行、その後に西院車庫に入り車庫前で鉄道部品販売会や撮影会を開催するそうです。同車両は、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でも時代背景に合わせた設定で登場したみたいです。

<イベント概要>

【開催日時】 
2022年7月9日(土)1.11時00分~ 2.14時00分~  ※各回とも、開催15分前受付開始、所要時間およそ1時間30分
【集合場所】 
四条大宮駅
【解散場所】 
西院車庫
【参加料金】 
おひとり様3,010円(消費税込) ※大人・子ども同額
【参加方法】 
事前申込制
6月9日(木)17時00分より以下の専用サイトで申込受
申込サイトURL https://gicz.jp/open/ker0709
【定   員】
各回35名様ずつ(定員になり次第受付を終了させていただきます)
お申込み後の払い戻しはできません。
【参加特典】 
・当日の運行ダイヤ図表
・西院車庫での「鉄道部品販売会」にご参加いただけます。
(1会計につき1点まで)
・西院車庫前での撮影会
※上記特典は同貸切イベントにご参加のお客様のみに提供します。

【嵐電 モボ301形301号車】
モボ301形は1971年(昭和46年)にトロリーポールによる集電方式の車両として製造されたが、4年後の1975年(昭和50年)にポール集電が廃止され、現在のZ型パンタグラフに交換された経緯を持つ。そのため、旅客用車両として新製時にトロリーポールを装備した日本最後の形式となっている。

2022年6月6日RT(51)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15