身体とは外界と対話するツール


【local news/京都・京都駅/芸術だ‼/現代アート】

南区にあるワコールスタディホール京都ギャラリーで2019年1月26日(土)まで神楽岡久美の個展「身体と世界の対話 vol.2」が開催されています。

今回の展示は2016年に東京で開催した「身体と世界の対話vol.1」に続き、ステートメントである「身体とは感覚を持って外界と対話するためのツールである。」を軸に制作された『光を摘む』と現在制作を行っているシリーズ作品『美的身体のメタモルフォーゼ』の第1作「What is Beautiful Body?」の同時展示になっているそうです。

【詳細情報】
ワコールスタディホール京都
京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1、2階
https://www.wacoal.jp/studyhall/

2018年12月24日RT(41)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15