京都四條南座で「吉例顔見世興行」が始まる

京都四條南座で、2022年12月4日から師走恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世興行」が始まったというニュースです。

今年は、第1部で24年ぶりに中村獅童が出演し、歌舞伎三大名作(「仮名手本忠臣蔵」「義経千本桜」「菅原伝授手習鑑」)の一つ「義経千本桜すし屋」で、親子の情を熱演するようです。

第2部では、中村雁治郎が「封印切」、片岡仁左衛門が「松浦の太鼓」に出演。第3部では、片岡愛之助が「女殺油地獄」に出演します。

當る卯歳 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎
会場 :京都四條南座(京都市東山区中之町198 四条大橋東詰)
日程: 2022年12月4日(日)~25日(日)

2022年12月4日RT(83)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15