メタバースの技術で仮想京都市を構築

国土交通省都市局が主導するProject PLATEAU(プラトー)、2022年度までに 3D都市モデルの整備範囲を全国100都市以上に拡大するとともに、官民の多様な領域で様々なユースケースが開発され、その社会実装が進んでいます。

2023年には新たにネット上の仮想空間「メタバース」の技術で仮想「京都市」を構築。京都市のメタバースは、作成済みの3D都市モデルを有効利用するようです。

2023年1月3日RT(39)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15