木漏れ日の下で少女は本を読む…


【slow news/京都・岡崎/想い、思い。/図書館】

岡崎界隈を散策するのが好きです。地下鉄を東山駅で降りて、白川沿いの小径をきらめく川面を眺めながらゆっくり歩きます。仁王門通に出て横断歩道を渡り、短い橋を渡って平安神宮の朱の大鳥居を見上げると、京都府立図書館にたどり着きます。

出迎えてくれたのは、前庭にひっそりと佇む二宮尊徳の像です。背中に薪を背負い手に書物を持って読みながら歩く姿は、勤労勤勉の象徴でした。ただここの像は少し変わっていて、背中に薪はなく読書に没頭している上半身のみの姿になっています。かつて日本全国の小学校で見かけた二宮尊徳像は姿を消し、その代わりに背中にリュックを背負い手にスマホを持って操作しながら歩く若者の姿を街で見かけるようになりました。

京都府立図書館が岡崎の地に開館したのは明治42(1909)年の4月だそうです。レンガ造の3階建、延べ面積772坪。閲覧室は普通・特別・図案・新聞・婦 人・児童、3階に講演室・研究室を兼ねて二陳列室。書庫は木造4層構造。美術館的機能もあり、明治45(1912)年には竹久夢二の第1回個展が開かれ、大正9(1920)年には 岸田劉生の個展が開催されたそうです。

では、唐突ですがここで質問です。あなたにとって図書館とはどんな存在ですか?いろいろな答えがあると思います。

ひと昔前までは、調べ物をするのに役立ったのは、学校の図書室や町にある公共の図書館でした。図書館はあらゆる情報が大量に集積されている知の空間、館内に足を踏み入れるだけで少し賢くなったように錯覚をさせてくれる場所です。読書を推進する役割を担っているのも図書館です。幅広い分野の娯楽的な本が図書館の書棚に大量に並んでいます。図書館とはどんな存在?の質問に対して、「情報を提供し娯楽を提供するところ」というのがひと昔前までの模範解答かもしれません。

「情報を提供し娯楽を提供するところ」―それだったらインターネットで充分だよ。―現代では、パソコンやスマートフォンでインターネットに接続すれば、世界中のリアルタイムの情報が瞬時に入手できて、知りたいことを検索すれば関連する情報が大量に出てきます。インターネットの世界には娯楽もいっぱいです。青空文庫には昔の文芸作品が詰まっていて無料で読めます。SNSでは世界中の人が動画や画像を貼り付け、テキストや音声で自分の言葉を大量に発信しています。「図書館に行かなくてもインターネットで充分だよ」—これが質問の答えと実感している人が多いのではと思います。学術や研究での利用ではなく、普段の生活のなかでの図書館利用であれば、うなずける解答です。

では、そもそも図書館の役割とはなんでしょう?日本図書協会のホームページに「図書館の自由に関する宣言」が掲載されています。宣言の冒頭には、「図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することをもっとも重要な任務とする」と書かれています。そして宣言の最終章で、「図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。」と締めくくっています。図書館は、知ることの自由を守る強固な砦としての役割を果たすと宣言しているわけです。つまり、ある意味においては、“図書館は自由の象徴”というのが本来の役割であり存在意義のようです。この宣言を読むまでは認識していなかったことです。作家の有川浩は、図書館で「図書館の自由に関する宣言」を見て発想を膨らませ小説『図書館戦争』を書いたそうです。この作品はアニメや実写ドラマ・映画にもなりましたね。

さて、もう一つ、図書館について思うことがあります。それは図書館はドラマチックだということです。岩井俊二が監督した映画『Love Letter』では、同姓同名の男女の中学生の淡い恋心が育まれたのは学校の図書室でした。最近では、住野よるの小説で映画化された『君の膵臓をたべたい』でも図書館が重要な役割を果たしています。(詳しく書くとネタばれになるので興味がある人はビデオを観てください。)図書館は本と出会う場所であるとともに、人と出会う場所でもある。本を探しに行って同じ書棚で他の素敵な本と偶然出会う。本を探しに行って素敵な人を偶然見つける。(これはあまりないことですが。)図書館は偶然の出会いを創り出す空間でドラマが生まれる空間でもあると、個人的にはそう思っています。

京都府立図書館に入館して階段を地下の閲覧室へと降りると、大きなガラスの向こうに広がるサンクンガーデンに読書をする少女の像が置かれています。抜水政人の彫刻作品『こもれび』です。晴れた日に木漏れ日の下で好きな本を読む。この愛らしい姿は、無力で非力な少女が自由を楽しむ姿なのかもしれません。

2019年1月20日RT(181)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 北桑田高校校長・徳廣剛先生に聞く... 「動けば何かが変わる」「全員が主役」  7月の初旬、杉林に囲まれ自然の中でゆったりとした佇まいの木造の... 463件のビュー | July 11, 2021 に投稿された
  • 希望と勇気、サムマネーがあれば!...  「人生なんて簡単さ」「3つのことがあれば生きていけるんだ」「希望とね、勇気とね、サム・マネー(幾らかのお金... 144件のビュー | July 9, 2021 に投稿された
  • おもてなしのこころは『奉仕の心』...  「水を運び、薪をとり、湯をわかし、茶をたてて、仏にそなへ人にもほどこし、吾ものむ」。茶人で僧侶でもあった松... 137件のビュー | July 17, 2021 に投稿された
  • 紗帆MRI検査に行く②「磁場発生中」... 赤いランプが点灯した。ランプを見ると急に不安になる。途中で起きてしまって泣いていないかな・・・起きたら誰か気... 121件のビュー | July 19, 2021 に投稿された
  • 八幡まるごと館たより【3回目】...  『また、養和のころとか、~二年が間、世の中飢渇して、あさましき事侍りき。或は春、夏日照り、或は秋、大風、洪... 95件のビュー | July 9, 2021 に投稿された
  • 優しさに触れたおはなし... 社会人になり3ヶ月。宣言解除に伴い満員電車はこれまでよりぎゅーぎゅーです。ある日、私は8月から職種の異動を告... 60件のビュー | July 20, 2021 に投稿された
  • 食品スーパー「パントリー」がオープン... 【食品添加物を極力使わない、本物の食品を届ける安心安全な食へのこだわり。/ニューオープン/京都・北山】 ... 39件のビュー | July 13, 2021 に投稿された
  • 映画をみること  最近のコロナ自粛期間の休日は、今までに観たことない映画(DVD)を一日一本観るように心掛けている。それは、... 30件のビュー | June 28, 2021 に投稿された
  • 野菜炒め 小雨が夏服を湿らせる夕刻、買い物に出かけた 豚肉200グラム広告の品 キャベツタマネギニンジンピ... 24件のビュー | June 30, 2021 に投稿された
  • 京出汁おいなり釣狐祇園本店が開店... 【「嵯峨豆腐 森嘉」の油揚げを使用した“いなり寿司専門店”がオープン/ニューオープン/京都・祇園】 2... 17件のビュー | July 13, 2021 に投稿された
  • 2021京都やましろグルメライター募集... 【京都府山城地域のグルメを食べてInstagramで投稿する/京まち見聞録/京都・山城】 「グルメ」を... 13件のビュー | July 1, 2021 に投稿された
  • 其中日記(九) 昭和十一年 七月二十二日 曇、晴、混沌として。 広島の酔を乗せて、朝の五時前に小郡へ着いた。恥知... 7件のビュー | July 22, 2021 に投稿された