烏丸御池駅の改札を入ると記念碑が!!


【local news/京都・烏丸御池/京まち見聞録/記念碑】

京都市営地下鉄烏丸御池駅の南側改札を通って階段を下りずにそのまま進むと「京都印刷発祥之地」の記念碑があります。駅のしかも改札を通らないと見れない珍しい記念碑です。

京都府印刷工業組合のホームページによると、明治 3 年(1871)12 月に開業した點林堂が京都の印刷所の発祥だそうです。当時の住所で表記すると「上京区第廿八組烏丸三條北場之町三十三番戸」、現在はNTT西日本三条ショールームがあるところのようです。それで記念碑が設置できる場所をいろいろと探して交渉した結果、一番近い場所として烏丸御池駅構内になったみたいです。ちなみに記念碑に刻まれている文字が逆文字になっているのは印刷所で使っていた活字を模したからだそうです。

記念碑の後ろにある大きな屏風に描かれている絵にはそれぞれ意味があって、一つだけ紹介すると左下の植物はツゲの木で活字をツゲで作っていたからだそうです。(その他の絵の意味については下記の【詳細情報】のリンク先で確認してください)

【詳細情報】
京都府印刷工業組合
http://www.kyoinko.jp/news/joho/sekihi.pdf

【記念碑の場所】
京都市中京区場之町

2019年1月31日RT(39)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15