物語の町に悲運の夕顔が静かに眠る


【local news/京都・四条烏丸/まちの歴史/夕顔町】

烏丸通から高辻通を東へと歩きます。佛光寺を通り過ぎて堺町通を南に少しだけ下がるとそこが「夕顔町」です。

町名の由来は、平安時代に紫式部が書いた『源氏物語』に登場する女性の夕顔です。重い病を患って療養している乳母を見舞うためにこの地を訪れた光源氏は、貧しい家の垣根に咲く夕顔を見つけます。従者に花を持ってくるように命じると貧しい家から童女が出てきて「この上に花を載せてください」といいながら扇子を差し出しました。

光源氏が扇子を見ると、そこには一首の歌が書かれていました。
心あてにそれかとぞ見る白露のひかりそへたる夕顔の花
歌を読み終えた光源氏は、貧しい家で暮らす人物に興味を持ち返歌を贈ります。
寄りてこそそれかとも見めたそかれにほのぼの見つる花の夕顔
これが、光源氏と夕顔の出会い場面です。

後世、夕顔が暮らしたとされる場所に夕顔の墓がつくられ、江戸時代前期の絵図には「ゆふがを町」と記されているそうです。現在は町家の前に「夕顔之墳」と刻まれた石柱が立っています。物語の中で生きて亡くなった悲運の女性の名前が町名として現実の世界に残されている。これも京都の粋なのかもしれません。

【場所】
京都市下京区堺町通高辻下る夕顔町

2019年2月22日RT(2,045)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』... 2024年2月13日に、株式会社山と溪谷社から『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』が刊行されたというニュー... 17件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 地域の仲間とつむぐ感謝祭「二条祭vol.02」... 京都・二条城近くの株式会社中藏御池事務所にて、エリアの美味しいものや楽しいものを集めたイベント「二条祭」vo... 16件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 早春散歩 空は晴れてても、建物には蔭があるよ、春、早春は心なびかせ、それがまるで薄絹ででもあるやうにハンケチででもある... 14件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 京都蔦屋書店でわたせせいぞう作品展... 京都 蔦屋書店(京都市下京区 京都髙島屋S.C.[T8]5F・6F)で、漫画家・イラストレーター、わたせせい... 13件のビュー | February 25, 2024 に投稿された
  • 京都ポルタで森の京都プチマルシェ2024... 京都府南丹広域振興局と森の京都DMOが、食を中心とした京都丹波の魅力を発信する「森の京都プチマルシェ2024... 12件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 伏見 酒フェス〜FUSHIMI SAKE FES... 伏見酒造組合が、毎年3月に実施してきた「日本酒まつり」のエリア・事業規模を拡大し、「伏見 酒フェス〜FUSH... 9件のビュー | February 25, 2024 に投稿された