裏千家所蔵の貴重な優品を鑑賞


【茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展/local news/芸術だ!/京都・紫明】

4月16日(火)から6月16日(日)の期間、上京区にある茶道資料館で《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展Ⅰ》「裏千家所蔵の優品」 併設展「鵬雲斎コレクション撰」が開催されるようです。

茶道資料館が開館40周年、今日庵文庫が開館50周年、この節目の年を祝して、春と秋の2回にわたって記念特別展が行われるそうです。記念特別展Ⅰは、裏千家今日庵の所蔵品と今日庵文庫所蔵の茶書を展示。あわせて、前家元で開館以来館長をつとめる裏千家十五代千玄室(鵬雲斎)のコレクションの展示も行われるみたいです。

【詳細情報】
茶道資料館
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinow/tenji.html
京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682番地 裏千家センター内

2019年4月21日RT(26)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15