祇園で丸亀の骨付鳥が味わえる!!


【創業50余年、香川で昔から親しまれているお店・骨付丸亀鳥/local news/開店だ!/京都・祇園】

4月20日(土)、南座の四条通を挟んだ北向、京都市営駐車場の東隣のビルの地下に「骨付 丸亀鳥 京都・祇園店」がオープンしたようです。

骨付き鳥は、塩と胡椒とニンニクをベースにした伝統の味付けをした「鶏の骨付きもも肉」を、じっくり焼き上げた丸亀発祥の郷土料理だそうです。 発祥は丸亀ですが、その美味しさと手軽さで、今では「うどん」に次ぐ、名物料理として香川県全域で広く親しまれているみたいです。 

創業50年余りの「骨付丸亀鳥」は、「骨付鳥」伝統の味付けに独自にブレンドした数種類の風味豊かなスパイスを加えて使用しているようです。 さらに、50年余りの間培った技術と鶏油を使用した、こだわりの焼き方で鶏肉本来の旨味を逃がさずジューシーにこんがり香ばしく焼きあげているそうです。 横綱の白鳳も「骨付鳥」が好物なのでしょうか。

南海キャンディーズの山ちゃん、千原せいじからも花が届いていました。その他にも有名人からの花が所狭しと飾ってありました。なかなか凄いお店ですね。

いずれにしても「骨付鳥(若・親とも)」の心地よい触感と風味豊かな味わいが京都の祇園で楽しめるのは嬉しいことです。

【詳細情報】
骨付 丸亀鳥 京都・祇園店
https://marugamedori.jp/
京都市東山区中之町200 カモガワビルB1

2019年4月23日RT(169)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15