京セラギャラリーでピカソの銅版画展


【86歳のピカソが、204日間に制作した347点の連作銅版画/local news/芸術だ!/京都・伏見】

5月18日(土)から6月30日(日)の期間、伏見区にある京セラギャラリーで「京セラ株式会社創立60周年記念展 ピカソ銅版画347シリーズ―愛・イメージの奔走」が開催されているようです。

86歳の高齢に達したピカソが、 1968年 3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画が『347シリーズ』。347点の版画には、一貫した脈絡も、物語も、テーマもなく、ただ画家の脳裡に去来したイメージを、銅版画の技法の玄妙さを楽しみながら自動筆記的に刻みつけて行った記録のようなものだそうです。頭で理解しようとせず、心を無にして、作品が訴えてくるものを感覚的にとらえるのが良い鑑賞方法みたいです。

【詳細情報】
京セラギャラリー
https://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/
京都市伏見区竹田鳥羽殿町6 京セラ本社ビル

2019年5月20日RT(27)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15