蓄音機ならではの音でレコードを聴く


【レコードが奏でる贅沢な音のひと時を楽しむ/local news/芸術だ!/京都・四条烏丸】

6月30日(日)、中京区にある京都芸術センターで「明倫レコード倶楽部」が開催されるようです。

明倫レコード倶楽部は、元明倫小学校の京都芸術センターの講堂を会場に、解説とともに蓄音機でレコードの音色を楽しむプログラムだそうです。 蓄音機はハンドルを回すことで音が出るため、現代の私たちの生活では珍しく電気を使いません。 今や当たり前の高音質や大音量ではありませんが、空気が震える温かみのある音は、蓄音機ならではみたいです。

2019年度は作家のいしいしんじが、自身がもつ貴重なコレクションの中から、とっておきの曲目をお届けてくれるみたいです。テーマは「衣」「食」「住」。 いしいしんじの選曲理由や曲の背景を知ることで、音楽も違って聴こえてくるかもしれませね。 それぞれどのような会となるのでしょうか。

【詳細情報】
京都芸術センター
http://www.kac.or.jp/events/26180/
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

2019年6月21日RT(102)

Deprecated: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/slocalnews/www/slocalnews-kyoto.jp/wp-includes/functions.php on line 4773
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。