「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」開館!


【近畿圏で唯一、そして全国有数の規模を誇る大河ドラマ館がいよいよオープン/local news/開店だ!/ニューオープン/京都・亀岡市】

1月11日(土)、大河ドラマ「麒麟がくる」亀岡市実行委員会が、府立京都スタジアム内に「麒麟がくる 京都大河ドラマ館」をオープンするようです。

同館は、西日本で唯一のドラマ館かつ全国有数の展示面積を誇るそうです。

同館の展示面積は約520平方メートル。これは、全国の大河ドラマ館の中でも最大級。また、2020年大河ドラマ「麒麟がくる」に関連する大河ドラマ館の中では西日本唯一となるみたいです。オープンするのは大河ドラマ館開業と同日に竣工式が行われる府立京都スタジアム内。フットボールスタジアムとのコラボレーションは大河ドラマ館史上初のようです。

館内では、ドラマで登場した衣装や小道具の展示、メイキング映像の上映など通常展示はもちろん、同館だけの特別展示「光秀は、何者か。」を実施。亀岡を含む周辺地域に伝わる謎から光秀の実像に迫ります。さらに、ドラマの進行に合わせて会期内に2回ほど、展示内容のリニューアルを予定しているそうです。また、大河ドラマ館展示ゾーン出口に直結したお土産処「光秀大河物産館」では、大河ドラマや光秀関連グッズ、地元特産品などを揃え、移動の手間なくお土産を選ぶことができるみたいです。

【詳細情報】
麒麟がくる 京都大河ドラマ館
https://kyoto-doramakan.jp/
亀岡市追分町

2020年1月7日RT(39)
編集部 春風

編集部 春風

毎日、目覚める頃、お昼前、おやつ時の1日3回、ときどき夕方にもう1回、楽しいニュースをお届けできるようにと、はりきっています。

人気のある記事ベスト15