ホップのまちから、ビールのまちへ

【京都・与謝野を変える若者たちのクラフトビールブランド「かけはしブルーイング」が正式リリース/local news/京の食】

京都・与謝野町産ホップを使用したクラフトビールブランド「かけはしブルーイング」が正式リリースしたようです。

第1弾となる商品「asobi」は、10月6日(火)18時より、クラウドファンディングサイト「makuake」でリリースして、24時間で約1500本を完売。販売は10月30日(金)まで継続し、先行販売の在庫が全て完売した時点で終了するそうです。

京都府与謝野町では、2015年より官民連携となりビールの原料となる「ホップ」の栽培をはじめたみたいです。開始当初は、年間約100kg程度だった収穫量が、2020年には約2トンもの収穫量まで成長。ホップ栽培から、ビール醸造へとシフトし、地域資源の6次産業化をしていくことで、「地方創生」を目指すことを目的に、本事業を開始したようです。

makuake販売ページ
https://www.makuake.com/project/kakehashi_brew/

2020年10月8日RT(48)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15