オフィス街に響く鐘の音クイズです。


【クイズ/京都・烏丸御池/六角堂編】

烏丸通から六角通を東に入ってすぐの南側に六角堂の鐘楼堂があります。六角堂の境内から道路を挟んで向かいにあるので、ぽつんとあるという感じもしますが。

説明書きによると、1605年に豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴の嫡男・忠氏が寄進、その後に火事で焼失して再鋳したり第二次大戦の際に献納したりして、現在の鐘は昭和29年に再鋳復元したものだそうです。

さて、ここからがクイズです。夕方の5時になると、この鐘の音が烏丸のオフィス街に響きます。耳にしたことがあるという人も多いのでは。では、この鐘、いったい何回撞かれるか知っていますか?

考え中…

考え中…

考え中…

クイズの答えを知るために夕方の4時55分に鐘楼堂の前で待機しました。そして5時です。ゴーン、ゴーン、ゴーン……鐘が撞かれ始めました。撞き終わるまでしっかり鐘の音を数えました。そして答えは、10回!時計を見ると5時10分だったので、だいたい1分に1回というペースで撞かれたことになります。

【関連情報】
六角堂 頂法寺
http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/index.html

2018年11月8日RT(138)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15