京都に循環型外食を推進するD.O.KIOTO発足

【京都食材×スペイン料理の新しいレシピで/local news/京まち見聞録/京都】

2020年12月1日、京都のスペイン料理エルボガバンテ346のシェフ荒川三四郎をはじめ、京都府のスペイン料理店を中心としたグループが、「D.O.KIOTO」(ディーオーキオト)を発足させたようです。地域の特徴を表している、地域の食材を活用しているなど、京都のスペイン料理の活性化、独自性を高めることで、持続可能なサイクルを生み出し、京都のスペイン料理の地位向上、独自の価値観を高める事を目的としているそうです。

第一弾イベントとして、京都の地元密着レストラン10店舗が京都食材×スペイン料理をテーマに、オリジナルレシピのパエリア(パエージャ)を2020年12月1日から31日の期間限定で販売するみたいです。

■開催概要
日時  :2020年12月1日~同12月31日(参加各店舗の営業日、時間に準ずる)
参加店舗:アブラモス、エルボガバンテ346、シャティバ、ガストロメソン、チュレタ、ティオペペ、ブリッサ、ペリフェリコ、ポキート、デマチヤナギバルRICO RICO

<京都食材パエージャメニュー例>
店舗名  :アブラモス
メニュー名:京都食肉市場直送牛ホルモンと九条ネギのパエージャ
価格   :Mサイズ2,480円(税別)~Lサイズ3,480円(税別)
店舗所在地:京都府京都市南区東九条北烏丸町6-6アルプスナインビル101
店舗名  :エルボガバンテ346
メニュー名:丹後の牡蠣と(京丹波高原豚バラ)自家パンセタのミックスパエージャ
価格   :2,310円(1人前税込)
店舗所在地:京都府京都市中京区塩屋町53オリザ三条西洞院1F
店舗名  :デマチヤナギバルRICO RICO
メニュー名:京丹波高原豚と丹波黒豆のパエージャ
店舗所在地:京都府京都市左京区田中関田町22‐75ルミエール出町柳1F
店舗名  :ガストロメソン チュレタ
メニュー名:京丹波高原豚とカルネピカーダと京赤地鶏のパエージャ
店舗所在地:京都府京都市東山区中之町200鴨川ビル1階
店舗名  :ペリフェリコ
メニュー名:丹波栗とウサギのパエージャ
店舗所在地:京都府京都市左京区新先斗町120-1

2020年12月7日RT(40)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15