バスにもちゃんと成績表があるのです。


【slow news/京都/思い思い/バスの通信簿】

地下鉄の駅掲示板で見つけた1枚の貼り紙。それは、「市バス各系統の営業係数」と題した交通局ニュースでした。内容は、「平成29年度の市バス各系統の営業成績がまとまったので交通局のホームページで見てください」というものでした。

さっそく交通欲のホームページを見てみました。確かに広報資料として「市バス各系統の営業係数」が掲載されていました。それによると、全83系統の営業成績は、38系統が黒字で45系統が赤字だそうです。なんと赤字系統の方が多い。では市バス全体の損益はどうなっているのでしょうか?気になるポイントなので調べてみました。これは別の広報資料にありました。平成29年度は23億円の黒字でした。つまり黒字路線が赤字路線をカバーしているのが現状です。

さて次に系統別の成績を見てみましょう。1日平均の乗客数が最も多かった第1位は205系統(運行区間:九条車庫前~洛北高校前~九条車庫前)で34,727人です。次いで第2位は206号系統(運行区間:北大路バスターミナル~東山七条~北大路バスターミナル)で28,496人でした。確かにこの2系統はいつも車内が混雑しているという印象だったのでうなづけます。

営業係数ランキングも見てみましょう。営業係数は、100円の収入を得るために必要な費用を示す指標で,数値が100未満なら黒字系統,100を超えれば赤字系統だそうです。さてランキングの第1位は100号系統(運行区間:京都駅前~銀閣寺前)で係数は53です。次いで第2位は207号系統(運行区間:九条車庫前~祇園~九条車庫前)で係数は59でした。ちなみに1日の平均乗客数ランキング第1位の205系統の係数は79.第2位の206号系統の係数は61でした。京都市民の生活の足、そして近頃では観光客の頼れる足にもなっている京都の市バス。これからも、みんなで応援していきましょう。

【詳細情報】
京都市交通局ホームページ
[市バス各系統の営業係数]
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000242554.html
[平成29年度京都市交通事業決算概要]
http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000241131.html


2018年11月9日RT(175)

Deprecated: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/slocalnews/www/slocalnews-kyoto.jp/wp-includes/functions.php on line 4773
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。