細見美術館 × Artgene

【京都 細見美術館が所蔵する<若冲・琳派>など日本美術の名品コレクションを、Artgeneにて販売開始!/京都ニュース/京都・岡崎】

京都の岡崎に位置し、内外屈指の日本美術コレクションとして知られる細見美術館が、オンラインで誰でもアートの販売・購入ができる『Artgene(アートジーン)』で、高品質なジークレープリントの額装作品を販売するようです。

Artgene(アートジーン)は、だれでも写真やイラスト・絵画などの画像データをアップするだけでアート作品の販売ができるアートのソーシャルマーケットプレイス。出品者は、独自開発の額装シミュレーターにより簡単に仕上がりをビジュアライズして公開販売できるそうです。作品が購入されると、最高品質のアート印刷&フレーム加工にて制作後、購入者に届けられるみたいです。

サービスURL :https://www.artgene.net/
公式Twitter :https://twitter.com/Artgene_jp/
公式instagram :https://www.instagram.com/artgene_official/

酒井 抱一 筆『桜に小禽図』細見美術館蔵

取り扱い作品のご紹介(※作品は一部)
Artgene内の細見美術館コレクションページ(全コレクションはこちらから)
https://www.artgene.net/hosomi/
<好きなスタイルにカスタマイズして購入>
細見美術館コレクションは、すべてArtgene額装シミュレーターにて購入者がお好みの「サイズ」「額装加工」「用紙」をカスタマイズして購入することができます。
<販売情報>
・購入金額: ¥26,560〜(税込)
・サイズ展開:S、M、L(3種類)
・エディション:オープンエディション

鈴木基一 筆『藤花図』細見美術館蔵

アートには、人の心を豊かにする力があります。昨年から続くコロナ禍で、人々が美術館でアートに触れる機会が減少しています。普段の生活にさえ自粛を求められる今だからこそ、「おうち時間」をより優雅にするために、美しいもの(=アート)を飾ることで、自分の好きな空間を演出して楽しむことが大事。また、アートジーンに出品された美術館の作品が購入されることで、購入金額の一部が美術館の収益となり、それらを館所蔵コレクションである貴重な文化財の保存管理にお役立てます。アートジーンは、美術館などのコンテンツホルダーにとっても、アートの購入者にとっても、まったく新しいアートとの関わり方を提供しています。

神坂 雪佳 筆『白鳳図』細見美術館蔵

細見美術館は、1998年に京都市左京区岡崎に開館した美術館。実業家・日本美術コレクター、故 細見良(初代古香庵)に始まる細見家三代の蒐集品を基礎として、神道・仏教美術から茶の湯の美術、江戸絵画まで、日本美術のほとんどすべての分野・時代を網羅するコレクションを所蔵しています。なかでも平安・鎌倉時代の仏教・神道美術、室町水墨、根来や茶の湯釜、桃山の茶陶や七宝工芸、そして琳派や伊藤若冲など江戸時代の絵画に優品が多く、いずれの分野でも内外屈指のコレクションとして知られています。

管理・運営:公益財団法人細見美術財団
所在地:京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
TEL:075-752-5555
URL:https://www.emuseum.or.jp/

2021年3月6日RT(24)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15