ギャルリーためなが京都店 が開廊

【 七条の鴨川ほとりのロケーションに開廊/ニューオープン/京都・京都駅周辺】

1969年に東京・銀座で創業した「ギャルリーためなが」。その2年後の3月23日にはパリに開廊。それから半世紀の月日が流れ、2021年に50周年を迎えるパリの画廊と同じ日、京都に画廊を開廊したようです。京都国立博物館、三十三間堂やハイアットリージェンシーに程近い七条の鴨川ほとりのロケーションで、京都駅からも車で僅か数分という好立地だそうです。

 町屋を改築して作られた広々とした店舗には、智内兄助や菅原健彦をはじめ、今後の活躍が期待される新進気鋭の若手日本人作家の作品を多数取り揃え展示。この悠久の都京都の地から、日本の現代美術の発展の一翼を担い、世界に新たなる魅力を発信するみたいです。

ギャルリーためなが京都
京都市東山区鞘町通正面下る上堀詰町265-7
 時間:11:00-19:00
TEL:(075)532-3001
http://www.tamenaga.com

2021年3月24日RT(946)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15