第32回松花堂つばき展&竹花入展

【約380年の歴史を持つ史跡・名勝「松花堂庭園」で開催/イベント/京都・八幡】

京都の八幡市にある「八幡市立松花堂庭園」で、竹の花入れと椿が庭園を鮮やかに彩るイベント「第32回松花堂つばき展」が、2021年4月2日(金)3日(土)4日(日)の3日間実施されるようです。また、日本工芸会正会員・特待の竹工芸作家「三代目 武関 翠篁」と竹工芸の職人達を擁する「高野竹工株式会社 高野一門」による高度な技法で作られる竹の花入れを展示する特別企画展「竹花入展」も同時開催するそうです。

約20,000㎡ある広大な日本庭園には、40種類を超える竹や笹、300本を超える椿のほか、梅や桜、紫陽花、紅葉などがあり、四季を通じて美しい景観を楽しむことができます。こうした庭園や美術館別館を舞台に、山口椿園が丁寧に栽培した椿とこの日のために用意した竹の花入れに生けられた花や300種類を超える椿の切り花が、庭園を彩り、春の麗らかな心地を体感することができます。

また、初の試みとして特別企画「竹花入展」を同時開催し、来年度以降の新たな展開として、竹工芸と椿の競演にチャレンジします。宮内庁をはじめ主要な美術館で収蔵される作品を制作する竹工芸作家「三代目 武関 翠篁」、竹に限らず上質な茶道具を作り続ける職人集団「高野一門」、竹と椿が彩る国指定名勝松花堂庭園の初となる競演をぜひお楽しみください

イベント概要
■特別企画展「第32回松花堂つばき展」
日時:2021年4月2日(金)/3日(土)/4日(日)
   午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
   ※最終日4日(日)は午後4時まで(入園は午後3時30分まで)
場所:松花堂庭園 京都府八幡市八幡女郎花43-1
観覧料:一般400円 学生300円 こども200円(20名様以上団体2割引)
主催:八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)
   八幡市 八幡市教育委員会
協力:山口椿園(木津川市) 八幡市文化協会 SHISEIDO
後援:歴史街道推進協議会
内容:庭園内に咲く多くの椿に加え、約300種類の椿の切り花展示や、竹の造形物に生けられた美しい花などが庭園を彩ります。

■特別企画「竹花入展」
日時:2021年4月2日(金)/3日(土)/4日(日)
   午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)
   ※最終日4日(日)は午後4時まで(入園は午後3時30分まで)
場所:松花堂庭園内美術館別館2階 京都府八幡市八幡女郎花43-1
観覧料:無料 ※「第32回 つばき展」入園料が必要
協力:竹工芸作家「三代目 武関 翠篁」 高野竹工株式会社(高野一門)
内容:竹工芸の魅力に迫る特別企画展。繊細で優美な匠の技の施された竹花入を特別展としてのお披露目となります。

松花堂庭園・美術館公式サイト
https://shokado-garden-art-museum.jp/

2021年3月24日RT(63)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15