京都BALにアニエスベーがオープン!

【8月27日に「京都BAL」新店舗オープン/開店ニュース/京都・河原町】

2021年8月27日(金)、京都BALにアニエスベーのニューショップがオープンするようです。アニエスベーを語る上で欠かせないスピリット;映画、音楽、アート、フォト、チャリティ、サステナブル、そして草花を愛するアニエスベーの生活に根付くパピルス草… …。アニエスベーのDNAとも言うべきこれらの要素を集約した店内は、1975年に開業した本国パリの1号店“Rue du Jour”や、古い郵便局を改築し2019年にオープンしたパリ16区の“La Poste”のように、伝統と刷新が融合した空間で、関西におけるアニエスベーのカルチャーハブとしての役割を果たしていくそうです。

ショップにはファム/オム/アンファン/トゥービー バイ アニエスベーの各ラインより、シーズン毎のウェアやバッグのフルコレクションがラインアップ。
またここでは、アニエスベーと親交の深いアーティスト達の作品やコラボアイテムの数々も、定期的に入れ替えを行いながら、洋服や雑貨類と同じ空間で展示販売されるみたいです。これは、アニエスベーの活動を1ヵ所に集約した場所として、2020年にパリ13区に開館した文化複合施設“La Fab.”や、そこに併設されているギャラリー“galerie du jour”さながらに、ショップ全体としてアニエスベーというブランドを表現する場所でもあるようです。

環境保護啓蒙活動やチャリティを通してあらゆる形でアート活動をサポートし続けるアニエスベーが、個人的に所蔵する5,000点以上の作品を一般公開している文化複合施設“La Fab.”。「アニエスベー京都BAL店」でも、この“La Fab.”と同様に、フランスを拠点に活動するアーティストJean FaucheurやLe Module de Zeerなどのアニエスベーの所蔵作品の一部が常設されるそうです。

「スローグリーン」をテーマに、「自然でいられる、自然とつながる、暮らしを育む」ための様々なプロジェクトを手掛けるグリーン・ワイズ。彼らが提唱する『茎道』が、アニエスベーのスピリットと共鳴しました。「自然な環境で育つ草花に対して敬意を示し、自然を慮る心持ち」としての『茎道』に根差した草花のディスプレイを、「アニエスベー京都BAL店」で。季節ごとの移り変わりの美しさが楽しめるみたいです。
※茎道とは、環境にやさしい花の価値を広げる取り組みを伝えるためのコンポジションです。

アニエスベー京都BAL店
営業時間 :11:00-20:00
所在地  :京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 3階
【取扱いブランド】
FEMME / HOMME / ENFANT / VOYAGE / To b. by agnes b.

2021年8月12日RT(172)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15