すべてのモノに存在する音楽の世界


【local news/京都・四条烏丸/芸術だ!/ギャラリー】

12月1日(日)から7日(金)まで下京区のギャラリー富小路で、九十九真一展「ティンブリズム 2018」in kyotoが開催されています。

ティンブリズムは、それは、音色とリズムを合わせた造語で、われわれを取り巻くすべてのモノに存在する音楽の世界を思い起こさせることだそうです。作品をつくった九十九真一さんは、スペイン在住で世界的に活躍をしている油彩抽象画家のようです。。

【詳細情報】
ギャラリー富小路 九十九真一展
京都市下京区富小路通綾小路下る塗師屋町83
http://www.gallery-tominokoji.kyoto/schdule/pg113.html

2018年12月1日RT(28)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15