東本願寺前の市民緑地をクラファンで

【東本願寺前の市民緑地整備事業『ふるさと納税型クラウドファンディング』を開始/京都ろーかるニュース/京都駅周辺】

京都駅周辺の活性化に取り組む京都市と地域に開かれた門前を目指す東本願寺の思いが一致したことで、門前の烏丸通と緑地を一体的な緑の空間として活用できるように「市民緑地1」にするようです。そこで今回、整備事業に対する「ふるさと納税型クラウドファンディング」の募集を開始するそうです。

画像:京都市情報館

1 募集期間
2021年10月15日( 金 )~2022年1月13日( 木 )

2 目標金額
1,000万円

3 寄付金の使い道
整備工事費に充当

※目標金額以上に寄付が集まった場合,目標金額に達しなかった場合でも,上記の目的に活用

4 クラウドファンディング受付ページ
ふるさとチョイスGCF
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1462

2021年10月17日RT(341)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15