若者世代とつくるリユースの祭典

SPINNSなどのアパレル事業を展開する株式会社ヒューマンフォーラムが、京都市や京都信用金庫、公益財団法人京都市環境保全活動推進協会との共催で、若者世代とつくるリユースイベント「循環フェス」を2022年7月9日に京都市役所前広場にて開催致するというニュースです。

■コンセプト
若者世代やReuse(リユース)にまつわるプレイヤーとつくる、新しい生活スタイルを提唱するイベント、秋の本開催に向けたプレイベントとして、今回は持ち寄った古着と交換できる0円循環コーナーの「¥0Market」やフリーマーケット「循環Market」、マルシェ「循環フェス Natural Marche」、トークイベントなどを開催します。様々な対話と実験を広げ、Reuseカルチャーを育てていくようです。

今回循環フェスの目的として、どれだけ服が循環されたか?を計測するそうです。
計測は「¥0マーケットにて」
・持ち帰られた服の量(kg)
・持ち込まれた服の量(kg)を計測します。
また、それによる二酸化炭素の削減量を算出し、HPに記載いたします。
残った服の活用に関しても追って記載いたします。

■開催コンテンツ

¥0マーケット
京都市内を中心に回収・選別した古着、靴が約2500点並びます。一人3点まで自由にお持ち帰ってもらうことで、自分が循環の輪に入っているという感覚を実感してもらおう!という企画であり、社会実験の場です。フェス当日は不要になった洋服の回収も行っており、持って来るとスピンズの割引クーポンがもらえます。なくなり次第終了。

循環マーケット(物販)
「循環マーケット」では、リユース品、リメイク品、デッドストック品など、ある人にとっては必要のなくなったモノが、必要とされる人の手に渡り、地域内で再活用されるフリーマーケットです。古着ショップとリサイクルショップが出店致します。

循環フェス ナチュラル・マルシェ
添加物などを極力使用しない、誰もが安心出来るこだわりのフードコートです。

循環展示
古着の回収・再活用の取り組み紹介や、大学生が開発中の廃棄衣服からできたYuerublockの展示や、京都の伝統文化黒染めによるアップサイクル展示などサステナブルなアクションやプロダクトを展示。

トークイベント
テーマ:ファッションロス ~洋服の買い方、使い方、捨て方~(12:00 ~ 13:00)
その他、若者と企業とのクロストーク

ワークショップ
①かばんの病院『明石屋』 (参加費無料)
かばんの修理相談・受付と、革のはし切れを使ったお子様向け工作体験ワークショップをおこないます。
②汚れ落としと染替え専門店『染一平』 と 京の黒染屋 『馬場染』
着物・洋服のしみ抜き・汚れ落とし・染替え相談・受付と、お子様向け家紋染体験ワークショップをおこないます。
③『土と野菜×小川珈琲』
麻袋プランター・苗植えワークショップ。天然繊維の回収BOXを設置、本当に必要でなくなった衣類などをお持ちください。ワークショップで苗を植えた後は麻袋プランターを持ち帰って頂きご自宅で少しでも循環を感じていただけたらと思います。

■開催日時
2022年7月9日(土) 10:00 ~ 16:00
雨天順延 : 予備日 2022年7月30日(土) 10:00 ~ 16:00
■場所
京都市役所前広場
▬情報
WEBサイト
https://junkan-fes.com/
Instagram
https://www.instagram.com/junkan.fes/
facebookページ
https://www.facebook.com/junkan.fes

2022年6月21日RT(17)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15