京阪電車×響け!ユーフォニアム2022

アニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボレーション企画「京阪電車×響け!ユーフォニアム2022」の追加企画が、2022年8月1日(月)から実施されるというニュースです。

同作品は、架空の高校に在籍する吹奏楽部員たちの青春を綴った物語で、宇治市が舞台となっており、宇治市の名所や行事のほか、宇治線の電車や駅も描かれています。同作品とのコラボレーションにより、宇治線や周辺エリアを楽しく巡るための企画を展開し、宇治エリアの魅力を発信していきます。

今回も、同作品の舞台となった場所を巡る際に便利な「舞台めぐりMAP」を京阪電車主要駅や宇治市内各所で配布するとともに、ARキャラクター(※)との写真撮影ができるスマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用したデジタルスタンプラリーを開催。

1.舞台めぐりMAP
作中に登場した宇治市内などのシーンをまとめた「舞台めぐりMAP」を、京阪電車の主要駅や宇治市内の各所で配布します。

 「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2022」舞台めぐりMAP(イメージ)

【配布開始日】 2022年8月1日(月)
【配布場所】 京阪電車主要駅、宇治市観光センター、京阪宇治駅前観光案内所
       京都タワー展望室 ほか
【制作協力】 宇治市

2.「舞台めぐり」デジタルスタンプラリー
【開催期間】 2022年8月1日(月)~11月30日(水)
【概  要】 スマートフォンアプリ「舞台めぐり」を利用し、「響け!ユーフォニアム」に登場するスポットを巡るデジタル版のスタンプラリー。期間ごとに設定されたチェックポイント3カ所を巡ると、好きな場所でキャラクターと一緒に写真を撮影できる「マイAR」をプレゼントします。
【参加方法】 スマートフォンアプリ「舞台めぐり」をダウンロードし、アプリ内の 専用ページにアクセスすることでご参加できます。
<「舞台めぐり」公式web サイト>:https://www.butaimeguri.com/

3.キャラクター等身大パネルの設置
【展示期間】 2022年8月1日(月)~11月30日(水)
【展示場所】 京阪電車 中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅
【協力】 宇治市

キャラクター等身大パネル(イメージ)

2022年7月31日RT(27)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15