京都大学発和牛ブランド「京大紅牛」

京都大学大学院農学研究科附属牧場で生まれ、衛生的で高水準の健康管理下で育った黒毛和牛をブランド化した「京大紅牛(くれなゐビーフ)」が、京都市中央食肉市場に初めて上場されたというニュースです。

京都紅牛(くれなゐビーフ)とは
(1)定義
以下の要件をすべて満たす牛 
1.京都大学大学院農学研究科附属牧場で生まれた子牛で、肥育まで一貫して飼育管理された黒毛和種の去勢オス又は未経産メス
2.京都市中央食肉市場において枝肉格付が「A5、A4又はB5、B4」
(2)特徴
しっかりとした霜降りがありながら、あっさりとした味わいに加え、ほのかに漂う脂の香りの牛肉。
(3)ブランド名の由来
「紅(くれなゐ)」は、旧制第三高等学校の寮歌である「逍遥の歌(紅もゆる)」が由来。
(4)今後の展望
牛肉の味わいについての追求
牛肉の持つ機能性成分の探求
低コストで持続可能な牛肉生産の可能性

2022年8月6日RT(32)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15