先斗町の紋章は、鴨川ちどり

軒先にぶら下がる白い提灯には、紅い鴨川ちどりが飛んでいます。

明治5年(1872)に「鴨川をどり」が初めて開催されたときに創案された先斗町の紋章です。

鴨川や清き流れに千鳥すむ

詠み人知らずの古歌にあるように、鴨川では昔からちどりの愛らしい姿を見かけていたようです。

千鳥たつ加茂川こえて鉢叩
松尾芭蕉門下の高弟・宝井其角の俳句です。

風雲の夜すがら月の千鳥哉
京都に暮らした俳人で画家の与謝蕪村の俳句です。

復旧された石畳には、通り抜けできる路地が接続する部分の石の隅っこに「通り抜け出来ます」ということを示す千鳥の金属マークが埋め込まれています。

2022年8月11日RT(31)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15