瀬戸内の恵み多き島から届いた“だし”


【local news/京都・四条烏丸/京まち見聞録/だしの自動販売機】

烏丸通から錦小路通を東に少し行くと北側にコインパーキングがあります。10月23日の記事でオープン情報を紹介したところです。そのパーキングに「だし道楽」の自動販売機が置かれていました。木屋町のパーキング(三条と四条の中間あたり)には随分前から置かれていたのでこれで2つ目ですね。

早速、調べました。「だし道楽」は、広島の瀬戸内海に浮かぶ恵み多き島・江田島にある二反田醤油が、素材と製法にこだわって開発した万能調味料だそうです。

「だし道楽」には、薄口醤油と北海道産の昆布を合わせたさっぱりとした「昆布だし」、その昆布だしに長崎産(平戸)のあごを合わせた「焼きあご入りだし」、 さらに高知産(土佐清水)の「宗田節」を加えた「プレミアムだし」の3種類があるみたいです。

この自動販売機では、「焼きあご入りだし」と「プレミアムだし」の2種類を販売しているようです。京都もようやく盆地の冬らしく底冷えになってきたので、美味しいだしで温かな料理を…そんな気分にさせてくれる自動販売機です。

【詳細寿報】
だし道楽
http://dashidouraku.com/

【設置場所】
京都市中京区元法然寺町691-2

2018年12月31日RT(89)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15