亥年最初の心に届く言葉は…


【ことごころ/京都・寺町/空也寺】

この言葉は寺町通にある空也寺で出会いました。平安時代に民衆のために道や橋を造り市聖(いちのひじり)と尊称された空也上人が開創したお寺です。今年はこうありたいと願うばかりです。

せっかくなので、ここで一つ空也上人の和歌を紹介します。
「山川の末に流るる橡殻も 身を捨ててこそ浮かむ瀬もあれ」
山あいの川を流れてきた橡殻(とちの実)は、自から川に身を投じたからこそ浮かびあがって広い下流に来ることができたのだなあ。
「持ってしまった我や執着心を自ら捨て去ることで、新たな道や可能性が開ける」ということでしょうか。

2019年1月1日RT(202)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』... 2024年2月13日に、株式会社山と溪谷社から『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』が刊行されたというニュー... 10件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 地域の仲間とつむぐ感謝祭「二条祭vol.02」... 京都・二条城近くの株式会社中藏御池事務所にて、エリアの美味しいものや楽しいものを集めたイベント「二条祭」vo... 8件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 京都ポルタで森の京都プチマルシェ2024... 京都府南丹広域振興局と森の京都DMOが、食を中心とした京都丹波の魅力を発信する「森の京都プチマルシェ2024... 7件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 早春散歩 空は晴れてても、建物には蔭があるよ、春、早春は心なびかせ、それがまるで薄絹ででもあるやうにハンケチででもある... 7件のビュー | February 18, 2024 に投稿された