壬生寺で地蔵盆フェスティバルを開催

KYOTO DAIRI PROJECTが、2022年11月13日(日)に、お地蔵さんに最もゆかりの深い壬生寺の境内において「地蔵盆フェスティバル」を開催するというニュースです。

毎年8月の終わりに、子どもたちのお祭りとして開催され、“京都をつなぐ無形文化遺産”にも認定された地蔵盆が、コロナ禍でまる3年間も不開催になり、存続の危機すら叫ばれています。そんな声を吹き飛ばし、地蔵盆を未来に繋げるために、まる一日楽しめるフェスティバルとして開催するようです。
【facebookページ】 https://www.facebook.com/KDP2227

地蔵盆の定番の出し物から、地蔵盆の意味を考えるコンテンツまで、楽しみ方はいろいろ
地蔵盆といえば、提灯の絵付けや、お地蔵さんのお化粧からのおつとめと数珠回し。さらには、紙芝居屋さんがやってきて、脇ではスーパーボールすくいや、ヨーヨーつり、射的なんかでも盛り上がりました。そんな定番屋台がずらりと並ぶ一方、「演劇」「映像作品」「落語」など、そのストーリーの中に、地蔵盆とは、といったことを盛り込んだ作品の上演も行われるそうです。

【開催概要】
名称  :「地蔵盆フェスティバル」
開催日時:2022年11月13日(日) 午前10時30分~夕方ころ
開催場所:壬生寺境内(住所 京都市中京区壬生椰ノ宮町31)
料金  :境内入場無料
     「演劇」のみチケット制「映像」「紙芝居」「落語」はカンパ制 その他各テントで販売等あり
主催  :KYOTO DAIRI PROJECT
後援  :京都市
協力  :熊本玩具
協賛  :京都銀行、京都信用金庫、京都中央信用金庫、をはじめ40数社

出し物も、盛りだくさん!

【おつとめ・数珠回し】
時間:10時30分~ 場所:壬生寺会館
壬生寺の松浦俊昭貫主によるおつとめと、地蔵盆ならではの数珠回しを行います。

【お地蔵さんのお化粧体験】
時間:1日数回(当日現場に掲示)
地蔵盆は子どもたちだけでなくお地蔵さんにとっても新しい前掛けをつけてもらったり、きれいにお化粧してもらったりと、楽しみで待ち遠しい行事なのです。べっぴんさんにしてくださいね。
参加費:無料

【提灯絵付け体験】
時間:10時30分~夕方ころ
地蔵盆と言えば名前の書いた提灯がぶら下がっていて夜の町を照らしていたもの。塗り絵のキットで、そんな時代に思いを馳せます。
参加費:500円

【映像『お地蔵さんのおはなし』】
時間:終日上映 場所:境内
監督・脚本:西岡眞博(team TANIYON Inc.)
京都デザイン賞大賞を受賞した監督による渾身の映像作品を終日上映。松浦忠平さんによる地蔵盆のイラストと最先端技術の出会いが奏でるファンタジックなハーモニーをお楽しみください。
参加費:カンパ制

【演劇『レッドビブズ』】 上演時間約40分
時間:11時30分~、13時45分~、16時~ 場所:壬生寺会館
作・演出:村角太洋(THE ROB CARLTON)
出演:川下大洋、久野麻子、村角ダイチ、ボブ・マーサム
関西小劇団の雄が地蔵盆喜劇という新ジャンルに集結!軽快なテンポの会話劇から導かれる意外な結末!なんまいだぶで捧腹絶倒!
参加費:大人(18歳以上)1000円
子ども(18歳未満)500円
<親子連れ特別料金>
大人1人と子ども2人 1500円
大人1人と子ども3人・4人 2000円
大人1人と子ども5人・6人 2500円

【昔懐かし今新しい紙芝居】 上演時間約30分
時間:12時10分~、14時25分~
出演:ヤッサン一座二代目座長 だんまる
地蔵盆の定番、紙芝居!とはいえ、生で見る機会がどんどん減ってきていますよね。昔ながらの技と笑顔で大盛り上がり間違いなし!
参加費:カンパ制

【落語『おたのしみ』】 上演時間約30分
時間:12時45分~、15時~
出演:桂福丸
「子どもだけ寄席」なども積極的に開催し、ラクゴニンジャとしても活躍する京都大学出身の落語家がお笑いを一席!

【縁日コーナー】
時間:10時30分~夕方ころ
協力:熊本玩具
スーパーボールすくいにヨーヨーつり、射的にはずれ無しのおもちゃくじ。カラフルな屋台のキラメキにわくわくが止まらない!

※その他、軽食や物販の屋台や、キッチンカーも登場し、さらなる盛り上がりを醸成します。
※それぞれの出し物の時間や回数は変更になることがあります。

2022年11月8日RT(47)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15