10大学の学生が地下鉄駅をアートジャック

京都市及び京都市内の芸術系等10大学が、協賛企業等の協力のもと、「KYOTO駅ナカアートプロジェクト2022」を実施するというニュースです。

この取組は、「大学のまち京都」、「文化芸術都市京都」で学ぶ学生たちが創作したアート作品を、地下鉄駅に展開することにより、京都の重要な交通インフラである地下鉄のイメージアップと活性化を図るとともに、京都の文化芸術を発信することを目的に、平成23年度から実施しているもので、今年度で11年目を迎えるようです。

今年度は、「京都をアートで元気に」を創作テーマとし、約2か月間にわたり、地下鉄駅を学生たちの個性豊かな感性で創作されたアートで彩るそうです。

1 今回のテーマ・狙いなど
(1) 作品のテーマは「京都をアートで元気に」
(2) 地下鉄を魅力的なものとして活性化することで、活力ある京都のまちづくりに寄与
(3) 学生が創作したアート作品の展開により、駅から京都の文化芸術を発信
(4)「学・産・官」が連携し、京都の学生に活躍の場を提供
2 実施期間
令和4年11月18日(金曜日)~令和5年1月13日(金曜日)
※ 11月中旬から順次作品の設置を開始していきます。
3 参加大学及び実施駅
大谷大学・・・・・・・・北大路駅、鞍馬口駅
京都教育大学・・・・・・六地蔵駅
京都芸術大学・・・・・・東山駅
京都工芸繊維大学・・・・松ヶ崎駅
京都女子大学・・・・・・五条駅
京都市立芸術大学・・・・二条城前駅
京都精華大学・・・・・・国際会館駅
京都橘大学・・・・・・・椥辻駅
京都美術工芸大学・・・・三条京阪駅
嵯峨美術大学・・・・・・太秦天神川駅
4 主催等
主催:KYOTO駅ナカアートプロジェクト実行委員会 構成団体/参加10大学、京都市(交通局、文化市民局)
後援:京都商工会議所
協賛:株式会社イシダ、有限会社 画箋堂、京都信用金庫、京都地下鉄整備株式会社、株式会社サンエムカラー、株式会社ジイケイ京都、株式会社 島津製作所、株式会社バックス画材、ポノス株式会社、村田機械株式会社、株式会社リーフ・パブリケーションズ ※50音順

(情報元:京都市交通局)

2022年11月15日RT(34)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15