京都で笑う!2023年5月の落語会

第101回桂米二臨時停車の会
「豆屋」桂二豆 、「竹の水仙」桂歌之助、「馬の田楽」「三枚起請」桂米二
三味線=原口陽子
木戸銭 座布団席3000円(前売り2500円)、椅子席前売り2700円、ユース500円
※椅子席(20席限定)
※ユースは25歳以下。座布団席。要予約限定5席。要証明書
※乳幼児・マナー欠如の大人入場不可
2023年5月10日(水)19時開演(18時半開場)、京都府立文化芸術会館3F和室(京都市上京区河原町通広小路下ル東桜町1。市バス「府立医大病院前」下車すぐ。京阪本線「神宮丸太町」より徒歩12分。有料Pあり)TEL075・222・1046。
チケット取り扱い・問い合わせTEL080・5338・7331(桂米二落語会予約センター)。

立川志の輔 独演会
古典・新作を問わず落語に新しい息吹を吹き込む「志の輔らくご」をお楽しみ。
一般4500円、学生・ユース(25歳以下)2000円。
※全席指定
※学生・ユースは、要証明書提示・座席範囲指定
チケット取り扱いTEL075・791・8240(京都芸術劇場チケットセンター/平日10時~17時)ほか。※3月8日(水)10時より販売。3月7日・3月8日は、チケットセンター窓口での販売はありません
2023年5月12日(金)~5月14日(日)京都芸術劇場春秋座(京都市左京区北白川瓜生山2-116。市バス「上終町・京都造形芸大前」下車すぐ。Pなし)TEL075・791・8240。
【公演時間の詳細】
5月12日(金)18時
5月13日(土)16時
5月14日(日)13時
※各開演時間45分前開場
問い合わせTEL075・791・9207(京都芸術大学 舞台芸術研究センター)

月亭太遊+笑福亭羽光「拡張する落語」京都編 @ホワイトキューブスタジオ・lux studio kyoto
出演=月亭太遊・笑福亭羽光
太遊は九州を地に現在は京都を拠点に活躍し、羽光は上方を地に現在は東京を拠点に活躍する。京都と東京、拠点こそ違えど二人の「創作落語」にかける情熱は人一倍。太遊は「ない」文化や風習を創り上げる巧者で、シミュラークルな世の中を浮き彫りにし、羽光はメタ構造落語でSFの世界に誘い、自身の人生すらも落語にしてしまう。まさに常に明日の落語を見つめ、落語を拡張し続ける、落語界のアバンギャルド。
各回2500円、通し券4000円。
2023年5月20日(土)【第1回】11時開演/【第2回】14時開演(各開演時間の30分前開場)lux studio kyoto/逢坂憲吾写真事務所(京都府京都市中京区壬生相合町13-15 ナカミチアトリエ301。市バス「大宮松原」「五条壬生川」より徒歩5分)。
問い合わせinfo[at]honyashan.com(本屋しゃん)

第3回桂米二かもがわひとり会
出演=桂米二(三席)
演目=当日のお楽しみ
2500円+1オーダー。
※要予約
※全椅子席
※限定20席
2023年5月21日(日)18時開演(17時半開場)、かもがわカフェ(京都市上京区西三本木通荒神口下ル上生洲町229-1。京阪本線「神宮丸太町」より徒歩10分、または市バス「荒神口」下車徒歩3分)TEL075 ・211・4757。
申し込み・問い合わせTEL075 ・211・4757(かもがわカフェ/木・第4水曜定休)

第365回 市民寄席
「御公家女房」桂 九ノ一、「過去のないワイン」桂 三四郎、「お見立て」笑福亭 円笑、「ねずみ穴」桂 福団治
一般2000円(前売り1800円)、ユース(25歳以下)1500円。
※全席指定
※ユースチケットは公演当日に要証明書提示
※未就学児入場不可(託児あり/対象3カ月~就学前まで、1人1000円、定員あり、要予約TEL075・343・6787)
※ヒアリンググループ席(受信機無料貸出)希望の方、✉oubo@rohmtheatrekyoto.jpかFAX075・746・3366に件名「市民寄席 観劇サポート」とし、本文に「名前・連絡先」を記入し、お知らせください
※車椅子希望者・介助者同伴の方、要問い合わせ
2023年5月23日(火)19時開演(18時半開場)、ロームシアター京都サウスホール(京都市左京区岡崎最勝寺町13。市バス「岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車すぐ。Pなし)TEL075・771・6051。※ご来場の際には、公共交通機関をご利用下さい。
申し込み・問い合わせTEL075・746・3201(ロームシアター京都チケットカウンター)ほか。

第5回落語らいぶ in 黒谷常光院
「宿屋町」桂二豆、「老老稽古」桂雀喜、「野崎詣り」桂米二
「楽屋トーク」桂米二×桂雀喜 、「住吉駕籠」桂米二
三味線:入谷和女
一般3000円(前売り2500円)、ユース500円(25歳以下・要予約限定5席・要年齢証明)。
※椅子席
2023年5月27日(土)14時開演(13時半開場)、黒谷常光院金戒光明寺(京都市左京区黒谷町33。市バス「岡崎道」下車徒歩10分)塔頭・常光院。TEL075・771・4476。※ご来場の際は交通機関をご利用ください。
申し込み・問い合わせ、TEL080・5338・7331(桂米二予約センター) ほか。

2023年5月7日RT(291)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』... 2024年2月13日に、株式会社山と溪谷社から『ベニシアの「おいしい」が聴きたくて』が刊行されたというニュー... 11件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 地域の仲間とつむぐ感謝祭「二条祭vol.02」... 京都・二条城近くの株式会社中藏御池事務所にて、エリアの美味しいものや楽しいものを集めたイベント「二条祭」vo... 9件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 京都ポルタで森の京都プチマルシェ2024... 京都府南丹広域振興局と森の京都DMOが、食を中心とした京都丹波の魅力を発信する「森の京都プチマルシェ2024... 8件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 早春散歩 空は晴れてても、建物には蔭があるよ、春、早春は心なびかせ、それがまるで薄絹ででもあるやうにハンケチででもある... 8件のビュー | February 18, 2024 に投稿された
  • 京都蔦屋書店でわたせせいぞう作品展... 京都 蔦屋書店(京都市下京区 京都髙島屋S.C.[T8]5F・6F)で、漫画家・イラストレーター、わたせせい... 7件のビュー | February 25, 2024 に投稿された
  • 伏見 酒フェス〜FUSHIMI SAKE FES... 伏見酒造組合が、毎年3月に実施してきた「日本酒まつり」のエリア・事業規模を拡大し、「伏見 酒フェス〜FUSH... 5件のビュー | February 25, 2024 に投稿された