子ども・若者未来応援自動販売機を設置

ダイドードリンコ株式会社が、京都市が進める社会全体で子ども・若者を支える「はぐくみ文化」の創造・発信の取り組みの一環として、「子ども・若者のために何かしたい」という思いを具体化するため、「京都市子ども・若者未来応援自動販売機」を、京都市営地下鉄 四条駅、京都市役所前駅など計4駅に設置したというニュースです。

この自販機では、子育て世代が紙おむつの心配をすることなく外出できるよう、飲料とともに、ベビー用 紙おむつの小パック(2 枚入り)やおしりふきシートを購入することができるようです。さらに、同事業のより一層の理解促進を図るためオリジナルラッピングを施すとともに、金銭投入時に「Let’s はぐくみアクション♪」と呼びかけるなどおしゃべり機能にて啓発するそうです。また、売上の一部は、「京都市はぐくみ未来応援事業」に寄付されるみたいです。

  • 1 設置した「子ども・若者未来応援自動販売機」

所在地:京都市営地下鉄 烏丸線 四条駅、東西線 東山駅、京都市役所前駅、太秦天神川駅  計4か所

  • 2 「ベビー用 紙おむつ自販機」の概要

「ベビー用 紙おむつ自販機」は、飲料と紙おむつのコラボレーションを実現した自動販売機です。飲料は、ダイドードリンコのお茶・紅茶飲料、水、スポーツドリンク類、果実野菜飲料などを販売し、ベビー用 紙おむつは、大王製紙の「グーンプラス 肌快適設計 パンツ 2枚入り」(パンツタイプMサイズ、Lサイズ 各300円)「グーン 肌にやさしいおしりふき 70枚入り」(240円)を販売。

  • 3 おしゃべり機能

(参考)「京都市はぐくみ未来応援事業」とは

 社会全体で子ども・若者を支える「はぐくみ文化」の創造・発信の取組の一環として、「子ども・若者のために何かしたい」という思いを具体化する4つのメニュー(1.事業体験型、2.現物給付型、3.現金給付型、4.事業賛同型、5.地域の子育て支援応援型~きょうはぐふぁんど)で応援し、善意の輪を広げていく事業。 

https://www.city.kyoto.lg.jp/hagukumi/page/0000239818.html

2024年4月20日RT(33)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15

まだデータがありません。