400名を招待!法輪寺で最高の音楽を!!


【local news/京都・嵐山/イベント】

5月11日(土)に西京区の嵐山にある法輪寺で400名限定無料招待の音楽イベント「CORONA SUNSETS SESSIONS」が開催されるようです。気の合う仲間と、夕陽を眺めながら、コロナを片手にチルアウト…そんなエスケープな空間を体験できるのが「CORONA SUNSETS SESSIONS」だそうです。

コロナが大切にしているブランドエッセンス、”音楽”と”サンセット”を一緒に楽しめる「CORONA SUNSETS SESSIONS」、京都が舞台に選ばれたのは今回が初めてみたいです。会場は、京都・嵐山にある「法輪寺」。渡月橋を渡った先に静かに佇む法輪寺には「舞台」と呼ばれる展望台があって、そこから渡月橋や小倉山、遠くに京都タワーも望むことがでるそうです。

日が暮れてゆく嵐山の景色をバックに、「DATS」「TENDRE」「Emerald」「YOTTU」が奏でる極上の音楽を体で感じながら、コロナを片手にリラックスした時間を楽しむのもいいですね。コロナのブランドメッセージ「THIS IS LIVING.」の世界観を存分に感じられる音楽イベントです。

このイベントは、当選者様限定の招待となり、エントリーは3月11日(月)から4月22日(月)まで、下記のコロナ公式特設ページで受け付けています。

【イベント招待エントリーサイト】
http://corona-extra.jp/event/corona-session/

DATS

DATS
2013年結成。2014年の「出れんの!?サマソニ2014」にてクリマン賞を受賞し、2年連続でサマーソニックに出演。2015年にデビューEP『DIVE』をリリース。『FUJI ROCK FESTIVAL』をはじめ、次々と国内の大型野外フェスに出演し、その圧倒的なパフォーマンスが各方面より高く評価される。2018年6月にSMEレコーズよりアルバム『Digital Analog Translation System』でメジャーデビュー。

TENDRE

TENDRE
ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。

Emerald

Emerald
2011年結成。ジャズ、ネオソウル、AORといったジャンルを軸にした楽曲群に、ボーカル中野陽介の持つジャパニーズポップスの文脈が加わったそのサウンドは、新しいポップミュージックの形を提示する。2017年にリリースされた2ndアルバム『Pavlov City』はSpotifyにて複数のプレイリストにピックアップされるなど、各方面から高い評価を受ける。2018年1月にはbonobosを招いて渋谷WWWにてリリースイベントを敢行。

YOTTU
11月11日1時1分生。祖先が忍者。DJとして年間70本のPARTYへ、レコードを担ぎ全国を巡る。クラブから森の中、人と音楽の交差点演出。2017年りんご音楽祭出演,アパレルブランドglobe walkerの店内BGM,大阪グランフロント北館ウメキタフロアでのDJ,京都 藤井大丸でのイベント企画/DJなど活動は多岐に渡る。自身の企画「Gift」を全国津々浦々で開催中。別名「鴨川のハイジ」。

<開催概要>
イベント名:CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO
日時   : 2019年5月11日 (土) 16:00 – 20:00
会場   : 法輪寺(〒616-0006 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町)
アクセス : 阪急嵐山線嵐山駅から徒歩2分・京福嵐山本線嵐山駅から徒歩で10分
抽選期間 :2019年3月11日(月) 〜 4月22日(月) 23:59
当選者選定期間:4月23日(火) 〜 4月24日(水) 12:00
当選者発表:4月24日(水)
当選者チケット本申し込み締切日:5月10日(金)18:00まで
※本イベントは、雨天の場合やむを得ず中止とさせていただく場合がございます。

【イベント招待エントリーサイト】
http://corona-extra.jp/event/corona-session/

2019年3月12日RT(31)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15