新京極通で出会った素敵な貼り紙


【これは95年の思いが詰まった、とても温かな手紙です。/slow news/想い、思い。/京都・新京極】

謹んで御挨拶申し上げます
大正十三年六月十四日より先代が此の地で「ハマヤ帽子店」を開業致しました。
大正・昭和・平成と永きに渡り大変厳しい時代もございましたが
お客様各位の「ハマヤ帽子店」になみなみならぬ御愛顧御贔屓を賜りまして何とか今日にたどり着けました事嬉しく有難く心から深く厚く御礼申し上げます
父に成り変り 何とか一生懸命二代目当主として平成三十年五月迄 頑張って参りましたが寄る年の波には勝てませず 通院しております主治医より 無理もこれ迄と諭され 幼い頃より店の中で遊んでいる内に商売のいろはを自然と覚えお客様のお顔・お頭を見ただけでピタッとサイズが合った帽子がお出し出来るまでに成り創業百年に至るまでもう一踏張り頑張れたらと思わぬ事もございませんでしたが これが潮時と辛い思いで閉店いたしました。
永きにわたりお客様各位の「ハマヤ帽子店」に対する御厚情に感謝し閉店の挨拶とさせていただきます。
                          平成三十一年三月末日

貼り紙は、もう、剥がされてありません。この95年間の思いがいっぱいに詰まった店主からの手紙を残しておきたくて。しばらくはここに貼っておきます。

2019年5月5日RT(102)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15