平安時代から愛された大田神社の杜若


【大田ノ沢の杜若野生群落は天然記念物/写真館/京都・上賀茂】

上賀茂神社の摂社・大田神社に
「杜若」を見に行きました。
境内にある大田ノ沢の杜若野生群落は
天然記念物に指定されているそうです。

「杜若」の名前の由来は、
花の汁で布を染めたので「書き付け花」となて、
それがだんだん「かきつばた」に変化していったみたいです。

神山や大田ノ沢のかきつばたふかきたのみは 色に見ゆらむ (藤原俊成)

大田ノ沢は昔からある自然の沢で、
そこに咲く「杜若」は平安時代から人々に愛されていたようです。

【場所】
大田神社
京都市北区上賀茂本山340

2019年5月16日RT(85)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15