清水三年坂美術館で帝室技芸員の仕事


【「七宝編」では、並河靖之と濤川惣助の作品を展示/local news/芸術だ!/京都・東山】

5月25日(土)から8月18日(日)の期間、東山区にある清水三年坂美術館で「帝室技芸員の仕事〈七宝編〉」が開催されるようです。

技量と人柄の両面において優れた美術工芸家が任命された帝室技芸員による作品を一堂に展示する「帝室技芸員の仕事」シリーズ。今回の「七宝編」では、明治29年に帝室技芸員に任命された並河靖之と濤川惣助の2人と同時代に活躍した職人たちによる名品を展示するそうです。

【詳細情報】
清水三年坂美術館
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html
京都市東山区清水寺門前産寧坂北入三丁目337-1

2019年5月21日RT(85)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15