@KCUAで「Dao is in Weeds」が開催


【地球の環境と生態系、そしてその未来に向けて私たちができることとは/local news/芸術だ!/京都・二条城】

6月1日(土)から7月15日(月・祝)の期間、中京区にある京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでジェン・ボー 「Dao is in Weeds」が開催されているようです。

本展の中国語題である「道在稊稗」は、『荘子』の一節で「道(タオ)は何処にあるのか」と問われた荘子が「何処でもある、すべてを余すところなく包むものである」と説く場面に現れる言葉だそうです。人為を離れた自然の中においては、全てが等しい価値を持つ——。人類が地球環境に変化を及ぼすようになった地質時代「人新世」に生きる人々に、ジェンはその作品を通じて、地球の環境と生態系、そしてその未来に向けて私たちができることとは何かを問いかけているみたいです。

【詳細情報】
京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
http://gallery.kcua.ac.jp/exhibitions/20190601_id=17400#ja
京都市中京区押油小路町238-1

2019年6月8日RT(26)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15