MIHO MUSEUMで「永田友治展」


【謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会/local news/芸術だ!/滋賀県甲賀市】

6月8日(土)から7月15日(月)の期間、滋賀県甲賀市にあるMIHO MUSEUMで「謎の蒔絵師 永田友治―尾形光琳の後継者を名乗った男 ―」が開催されているようです。

永田友治(生没不詳)は、江戸時代の中期、正徳・享保年間(1711~1736)ころ京都で活躍した琳派の蒔絵師と伝えられていますが、その実像ははっきりとしていなかったそうです。ただ作品は、尾形光琳風の意匠に倣い、独特の緑色系の青漆や友治上げと呼ばれる錫粉を使った高蒔絵を用いる独創的なもので、いずれもミステリアスな光を放っているみたいです。近年、友治研究家の調査から、江戸中期に京都と大坂を拠点として活動した友治の姿がおぼろげながら見えてきまたあようです。今展は、友治がめざしたもの、また作品の魅力や秘密について、化学分析による研究成果も交えて紹介しているようです。謎の多い永田友治にせまる初めての展覧会だそうです。

【詳細情報】
MIHO MUSEUM
http://www.miho.or.jp/exhibition/nagata-yuji/
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

2019年6月10日RT(87)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15