京都吉兆が本物のだしパックを販売!!


【天然素材のみで仕上げた 無添加のだしパック「吉兆のだし」/local news/京の食】

6月15日(土)から、右京区にある京都吉兆総料理長の徳岡邦夫が、調味加工をせず、天然素材のみで仕上げた 無添加のだしパック「吉兆のだし」を販売するようです。

風味豊かで‘うま味’の濃い本物のだしの味を手軽に家庭に取り入れて欲しいという願いで商品開発を開始。食塩や醤油も加えず、国産の天然素材のみを使用し、化学調味料・食品添加物・酵母エキスなども不使用の 無添加に仕上げることで“本物の味”にたどりついたそうです

〇 厳選した国産の天然素材「本枯鰹節」と「羅臼昆布」を使用
鰹節は、季節や漁獲量に合わせ、静岡県 焼津産・鹿児島県 枕崎産 又は 山川町産のコクの深い‘本枯鰹節’を。昆布は、羅臼産の天然物二等級昆布を使用。手軽にとれるだしが “本物の味” となるよう、うま味たっぷりの国産天然素材を厳選したみたいです。

〇 テトラパックで最大限に‘うま味’を引き出し「濃いだし」を実現
ピラミッド型のテトラパックは、一般的な四角型パックに比べ体積が大きいため、鍋のお湯の対流をパックが泳いだ際、成分がまんべんなく抽出されるようです。“本物の味”と香りがしっかりと引き出され、「濃いだし」に仕上がるそうです。

【詳細情報】
吉兆のだし ものがたり
https://shop.kyoto-kitcho.com/?mode=f6

2019年6月15日RT(188)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15