京都先端科学大学で源氏物語の講演


【源氏物語の歴史的背景について考える/local news/イベント/京都・太秦】

6月30日(日)、右京区にある京都先端科学大学京都太秦キャンパスで「京都先端科学大学人文学部校名変更記念講演会 源氏物語とその時代」が開催されるようです。

『源氏物語』が著された時代は歴史の転換期で、班田収授制などの律令体制が崩壊して、中世的な政治の仕組みに変わってゆく時代だそうです。女性は次第に政治の世界から排除され、仏教的な宿命観が人々の心を捉えるようになったみたいです。今回は歴史学と国文学の立場から、『源氏物語』がどういう歴史的背景のなかで誕生したのかを考えるようです。

【詳細情報】
京都先端科学大学
https://www.kuas.ac.jp/event-data/20190630-human/
京都市右京区山ノ内五反田町18

2019年6月17日RT(124)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15