「京ほたる米」の通信販売を開始!


【ほたるが集うほどの清らかな水に恵まれた田んぼで育ったお米/local news/京の食】

京都府の中央付近に位置する南丹市で農業を営む京都丹波 西村farmが、ほたるが集うほどの清らかな水に恵まれた田んぼで育った「京ほたる米」の通信販売を開始したようです。

「京ほたる米」は、自然豊かな京都南丹市で作る特別栽培米「コシヒカリ」だそうです。京都丹波西村farmの田んぼは、ほたるが集うほどの清らかな水に恵まれているみたいです。そんな素晴らしいお米を「京ほたる米」と命名したようです。

また、「京ほたる米」は、カルテック栽培を行っているそうです。カルテック栽培は、カルシウム資材と乳酸菌、ミネラルとともに、稲わら・もみがら・米ぬかなどを田んぼへ還元し、土の中で有機物を分解させた土づくりにより、農薬・化学肥料を低減した水稲を栽培し、「安心・安全」で美味しさにこだわった米を作りみたいです。

【詳細情報】
京都丹波 西村farm
https://kt-nishimura-farm.com/

2019年9月11日RT(52)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15