嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』


【福田美術館の開館にあわせて、同館が収蔵する数々の名画の画像を車体や車内に装飾/local nws/イベント/京都】

京福電気鉄道株式会社と福田美術館は、京都嵐山に誕生する福田美術館の開館にあわせて、同館が収蔵する数々の名画の画像を車体や車内に装飾した「嵐電 MUSEUM TRAIN 『走る美術館』」を10月1日(火)から運行するようです。

福田美術館は、古来から芸術家たちがすぐれた作品を生みだす源泉となった地・嵐山に新しく誕生する美術館だそうです。「100年続く美術館」をコンセプトに、俵屋宗達や尾形光琳などの琳派、狩野山雪や探幽などの狩野派、円山応挙や長沢芦雪や伊藤若冲などの江戸絵画から竹内栖鳳、上村松園ら近代の名画まで約1,500のコレクションを有しているみたいです。

2019年9月30日RT(45)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15