京都駅でtupera tupera の絵本の世界展


【京都在住の亀山達矢と中川敦子による2人組ユニット「tupera tupera」。11月23日(土・祝)から京都で展覧会開催!/local news/芸術だ!/京都・京都駅】

11月23日(土・祝)~から12月25日(水)の期間、下京区にある美術館「えき」KYOTOで「ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展」が開催されるようです。

2002年から活動を始めたtupera tupera(ツペラ ツペラ)は、『木がずらり』(2004年)を皮切りに、絵本制作で活動の場を広げます。2013年『しろくまのパンツ』(2012年)が「第18回日本絵本賞読者賞」「第2回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ」を受賞。以降さまざまな絵本賞を受賞し、今年、「第1回やなせたかし文化賞大賞」を受賞しました。彼らの絵本は、今や英語やフランス語など世界11言語に翻訳され人気を博しています。

本展は、tupera tuperaの軌跡をたどる展覧会です。代表作である絵本の原画を中心に、立体やイラストレーション、映像作品など約300点の作品を展覧。オリジナルグッズコーナーや、サイン会・絵本ライブ等イベントも多数開催します。また京都会場では、作家による新作の制作過程をご覧いただけ、徐々に形になっていくtupera tuperaの世界もぜひチェックしてください。

【詳細情報】
美術館「えき」KYOTO
http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museumu/ 
京都市下京区 烏丸通塩小路下ル東塩小路町

2019年11月14日RT(182)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15