「禅 ZEN」がテーマの京菓子を販売

【京菓子展「手のひらの自然」 ジェイアール京都伊勢丹限定で特別販売/local news/京の食】

新しい京菓子を公募より選出し、入選作品を展示する京菓子のデザイン公募展「手のひらの自然」。6年目となる今年は、「禅 ZEN」をテーマに幅広く公募。受賞作品が、ジェイアール京都伊勢丹で展示販売されるようです。

●「かたち」(作:上坂優太朗) 486円
こなし製 紅白餡入。仙厓義梵「○△□」より着想を得て創菓。
○(円相)を紅白の餡、△(禅の坐相)と□(とらわれた心)を白黒のこなしで表現し、こなし面に石庭の水の流れ・水紋(砂紋)を模して仕上げています。

●「壁観」(作:寺田庄吾) 486円
きな粉・黒砂糖入羊羹製。達磨大師「面壁九年」より着想を得て創菓。
壁をずっしりとした羊羹で製作。面壁九年とはいきませんが、美味しいと思っていただけるように黒砂糖やきな粉の配合を辛抱強く探しました。

●「月はどこ?」(作:植村建士)486円
薯蕷製 こし餡入。仙厓義梵「指月布袋画賛」より着想を得て創菓。
国家試験の菓子製造技能検定1級の課題でもある「すり込み」を使って禅画を表現してみました。

●「夏の午後」(作:岸本千恵美) 486円
錦玉羹製。龍安寺・東福寺の石庭より着想を得て創菓。
もみじの青と砂紋の白がまぶしくて目を閉じた夏の午後。吹く風の心地よさに時を忘れ、自分もこの風景のひとつなのだと思った。その瞬間のイメージをトリミングしてみました。

■京菓子展「手のひらの自然 – 禅 ZEN」2020
11月4日(水)~10日(火)
ジェイアール京都伊勢丹 2階=特設会場
営業時間:午前10時〜午後8時
 
ジェイアール京都伊勢丹
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町  
お問い合わせ:075(352)1111(大代表)
ホームページ https://www.isetan.mistore.jp/kyoto.h

2020年10月29日RT(15)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15