京都水族館で「ふゆ恋すいぞくかん」開始

【15種のクラゲをモチーフに、ガラスのランプシェードで空間演出/local news/イベント/京都・衣笠】

2020年12月1日(火)から2021年2月28日(日)の期間、京都水族館で、クラゲをモチーフにした空間演出や期間限定のイルカパフォーマンスなど、いきものや大切な人と過ごす特別な時間を提供する冬のイベント「ふゆ恋すいぞくかん」を開催するようです。

イベントでは、天井をガラス工芸職人が手掛けたクラゲの形をしたランプシェードで彩る「くらげのあかりたち」のほか、ミズクラゲの赤ちゃん「エフィラ」を幻想的な映像で楽しめる「くらげのゆめ」を実施するそうです。

冬イベント「ふゆ恋すいぞくかん」概要
開催期間:2020年12月1日(火)~2021年2月28日(日)
開催場所:館内各所
開催時間:午前10時~午後5時 ※入館は閉館の1時間前まで
料  金:無 料 ※別途入館料が必要
https://www.kyoto-aquarium.com/index.html

2020年11月30日RT(19)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15