嵐山のOBU CAFEで冬季限定メニュー

【ほっこり温まる”3種の冬季限定メニュー”/local news/お店の新メニュー/京都・嵐山】

12月30日から、京福嵐山駅はんなりほっこりスクエア 2Fにある「OBU CAFE (オブ カフェ)」で、京素材を使った2種の「石焼き七穀うどん」と、和スイーツセット「たっぷりおしることきな粉シフォンプレート」の販売を開始するようです。

「石焼き五目あんのつけ七穀うどん」 1,450円(税別)
鰹香る出汁に、京都産「日吉ポーク」と海老、京丹波町産「大黒しめじ」などのたっぷり野菜の旨味と甘みが溶け込んだ熱々の和風とろみあんに、七穀うどんをくぐらせて食します。大麦、黒大豆、もちきびなどの7種の穀物が入った七穀うどんはもちもちした食感で、食べ応え十分。ぐつぐつと熱した石焼鍋に入れて提供されるので最後まで熱々で。塩麹で漬けた唐揚げも付いて大満足の一品です。

「石焼き豆乳坦々のつけ七穀うどん」 1,350円(税別)​
柔らかい肉質が特徴の京都産「日吉ポーク」と豆乳仕立てのピリ辛坦々スープの相性がばっちり、唐辛子効果で身体の芯からポカポカに。こちらも塩麹唐揚げがセットに。

「たっぷりおしることきな粉シフォンプレート」 1,200円(税別)
お餅入りのおしること自家製きな粉シフォンケーキ、温かいほうじ茶の和スイーツセット。この時季に食べたくなるおしるこはそのままでもほっこり優しい甘さで、シフォンケーキに添えられた生クリームやきな粉を入れるなどアレンジも。
自家製シフォンケーキは、小麦粉ときな粉を独自の配合でブレンドし、きめ細やかなしっとり生地に仕上げたパティシエの自信作。ふわっと香るきな粉の香りに癒されます。

OBU CAFE (オブ カフェ)
京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20-1 京福嵐山駅はんなりほっこりスクエア 2F
◼︎営業時間 :
11:00~18:30(l.o.)19:00(cl)
※12/21より、11:00~18:00(l.o.)18:30(cl)
※状況により営業時間短縮及び、臨時休業となる場合がございます。
◼︎電話番号 : 075-881-9530
◼︎定休日 : 無 (※年末年始も無休)
◼︎席数 : 席数 全68席(店内/47席・テラス/21席)※現在は席数を減らして営業中
◼︎URL : https://obucafe.jp

2020年12月29日RT(129)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15