ファッションブランド「バナナとイエロう」がオープン

【 京扇子の老舗「宮脇賣扇庵」のアートなファッションブランド/ニューオープン/京都・六角通富小路】

2021年1月16日、六角富小路の宮脇賣扇庵京都本店の隣に、扇子の新しいあり方を提案するファッションブランド「BANANA to YELLOW(バナナとイエロう)」がオープンするようです。

「BANANA to YELLOW」は、「季節やシーンを問わず、扇子を自由に楽しむ」をコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせた扇子の新しいあり方を発信していくファッションブランドだそうです。

創業1823年の京扇子の老舗である宮脇賣扇庵が扇子文化の継承と市場拡大を目指し、デザイン会社GRAPHの協力のもと新ブランドを設立。宮脇賣扇庵の歴史や伝統、職人技、そしてGRAPHプロデュースによるポップでアバンギャルドなアートを掛け合わせた唯一無二の商品で、新たなカルチャーを創出していくみたいです。

扇子の「あおがなくても、持っていたいもの」というルーツや文化に着目し、扇子を中心としたオリジナル商品を開発。扇子をファッションアイテムとして日々のコーディネートに取り入れたり、気持ちを高めたり、自己表現したりするための「アクセサリー」に見立て、唯一無二のアート性を追求するそうです。

コンセプトは、夏でも冬でも、フォーマルでもカジュアルでも。もっと自由に扇子を持てるように。
SENSE to ART  いつも身近に「アート」を。
SENSE to MUSIC 本能のままに「自己表現」を。
SENSE to FASHION 「らしさ」のために。

メインターゲットは、30代後半から40代。男女問わず愛用できる扇子を、全24種類用意(コラボレーション商品含む)。扇面の色や柄は、手塗りやシルクスクリーンなど職人の手作業で施されています。絵柄ごとに独特の質感がある、上質な扇子です。扇子を気軽に持ち歩けるように、扇子専用のポケットを付けた、オリジナルのTシャツとバッグも販売。扇面の絵柄をTシャツやバッグにも展開し、扇子とのコーディネートを楽しむこともできます。また、宮脇賣扇庵の扇子の芳香をアレンジした、オリジナルの香水も開発したみたいです。

BANANA to YELLOW(バナナとイエロう)
京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町80番地3 〒604-8073
電話:075 213 0877
営業時間: 11:00-18:00(水曜定休日)
https://banana-to-yellow.jp

2021年1月15日RT(315)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15