春に咲く手毬

小さな車輪の折り畳み自転車で、
小さな坂道をいくつか越えると
小さな公園があります。

京都の真ん中にある公園は
染井吉野がとても咲くので
隣にある小学校から聞こえる幼声のように
なんだか元気にしてくれます。

薄紅の花びらが
風に舞い地を染めると
ペダル漕ぎが汗ばみます。

公園では一本だけの八重桜が
宝玉のように咲きました。

桜ばないのちいっぱいに咲くからに
生命をかけてわが眺ながめたり

岡本かの子が詠んだ歌です。

見上げると濃紅の花びらが
蒼空で跳ねる手毬のようです。

―春風―

2021年4月7日RT(97)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15