古い京町家の小さな庭に

京都の西の外れにある古い町家には
畳二畳ほどの小さな庭があります。

その昔、暮らした人がいました。
地面に白い玉砂利を敷き詰め
ところどころに
少し大きくて形の異なる石を置き
侘びを感じる石の庭にしていました。

寒い日でした。
古い町家で
ずぼらな僕の暮らしがはじまりました。

月日が流れ太陽が暖かくなり
畳二畳ほどの小さな庭に
春が訪れました。

白い玉砂利の地面から
小さな緑の芽が顔をのぞかせました。
それから緑は毎日、毎日、増えました。

少しずつ育つ緑を観るのが
僕の楽しみになりました。

吹く風に心地よさを感じはじめると
侘びの石庭は
元気な緑になりました。

ある朝
黄色の花がとても小さく咲きました。

寂しそうだった
小さな庭と
僕の暮らしに
夏がやってきました。

―春風―

2021年4月15日RT(105)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15