八幡まるごと館たより【1回目】

コロナ禍で涙した・・
2020年4月にはコロナ禍で緊急事態宣言が出され、今まで出来ていたことができなくなって、まるで迷路の中にいるような気分でその日その日を過ごしていました。そんな4月のある日私は公園の藤の花を見て涙が出てきました。ハッと我に返り、何をしていたんだろうと。自分のことだけで精一杯の私は多くの方が自分のことだけではなく働いている姿を目にし、自分の弱さと共に、如何に自分が周りの方々に助けられていたか、まるごと館に生かされていたかを実感しました。こんな時だからこそ大切なことがわかる。以前の様に、集うことが出来なくて深くショックを覚え、立ち直ることが中々出来なかったのです。

なぜ、いま「方丈記」を? 
また、7月には、追い打ちを掛けるように、九州地方では短時間の集中豪雨で川が氾濫し、山が崩れ、多くの方々が犠牲に。ここ数年、類似した天候で被害が起こっています。被災された方々は人生で初めての経験では・・。悲しみ、疲労の中で片づけをされている方々の映像が目に焼き付いています。

『ゆく河のながれは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつむすびて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし』

方丈記の冒頭部分です。平安時代の末期から鎌倉時代前期へと転換した激動期に生きた鴨長明(1155年~1216年)は、大火、竜巻、戦乱、飢饉、大地震、疫病を目の当たりにし著しました。全て自分の足で歩き、見聞きしてきたことです。800年と長く事あるごとに読み継がれてきたこの方丈記から、少しでも揺るがないものをつかみたいと思うようになりました。「まるごと館たより」(下記参照)には方丈記の持つ力を今に活かすことが可能かと、その右往左往してきた経過も含めて「これからのことを…」と題して書き続けてきました。今をどう捉え、如何に弱い自分でも立っていけるのか読み進めていけたらと思っています。

鴨長明とは
父親は下鴨神社の正禰宜惣官で、長明はその次男として生まれ、色々な出来事を経験し、50歳春に出家し大原に、54歳の時伏見区日野の山中に4畳半の庵(方丈庵)を作り、そこで「方丈記」を執筆しました。長明さんから今を生きるヒントを頂きたくて。

……【八幡まるごと館】……
地域の人々の出会いやつながりの場として2009年6月にオープン。夫(2012年12月亡くなる)が民間の力で公的部門の活動分野を担おうと長年構想していたものです。野菜棚があり、それが館の運営資金に。朝は野菜生産者や寄ってこられる方々で賑わって、それに加えて講座(パソコン、絵手紙、歴史、オカリナ、理科の実験、パッチワーク…)を始め、味噌・ぬかとこ・沢庵講習会、コンサート、年2回の市、餅つき等々を共に歩んで下さる方々と取り組んできました。

<続く>

(八幡まるごと館館長 上谷順子)

◆記事に対するコメントはメールでお願いします。
info@slocalnews-kyoto.jp

2021年5月5日RT(322)
編集部 春風

編集部 春風

京都の暮らしが少しだけ楽しくなるニュースをすろ~な感じで配信しています。記事へのご意見・ご感想は、メール(info@slocalnews-kyoto.jp)で送ってください。心からお待ちしています。

人気のある記事ベスト15
  • 「悲しみ」ではなく「希望」を...  一年の心を洗うとき、「悲しみ」が浮かぶのではなく、「希望」が浮かぶようにと念じつつ◆散歩がてら見かけた親子... 382件のビュー | December 30, 2021 に投稿された
  • 盃は静かに置こう!...  惨めな事にあった時の心得。一つ目:人や品物に八つ当たりしない。二つ目:頬に笑顔を絶やさない◆かつて同僚の文... 351件のビュー | January 2, 2022 に投稿された
  • 「親思ふこころにまさる親心~」...  「親思ふこころにまさる親心」。江戸時代の終わりに、幕府を批判したために、安政の大獄で処刑された吉田松陰が親... 303件のビュー | December 29, 2021 に投稿された
  • 敷居を踏むなかれ  藤沢周平さんの時代劇で、母親と子供が庄屋さんの家を訪ねた時、子供が玄関の敷居を踏んで入るシーンがありました... 241件のビュー | December 25, 2021 に投稿された
  • “心の凝り”をもみほぐせたら...  懐メロの番組の視聴率が高いとか。コロナ禍でカラオケボックスなどが店を閉めてからこの現象が出てきているそうで... 211件のビュー | December 19, 2021 に投稿された
  • 八幡まるごと館のこと...  「地域の人たちの出会いやつながり、絆が次第に薄れ無縁社会化していくなかで、少しでも心の安らぎを取り戻せる『... 186件のビュー | December 26, 2021 に投稿された
  • 生きるために「種子」が欲しい...  「子育ては子供に代わって闘うことじゃない」「子供が自分で闘っていくための準備を整えてやることなの」◆ジャエ... 148件のビュー | January 16, 2022 に投稿された
  • 魔法の言葉  皆さんは、自分を奮起させる安心させる、そんな魔法の言葉をお持ちだろうか?私にもいくつかそんな言葉はあるけれ... 132件のビュー | December 25, 2021 に投稿された
  • すれ違い「ゴメンね」...  俳優の高倉健さんが、撮影の合間に石垣島を訪れたことがあります。目にしたのは総勢100人ほどの小中学校合同の... 123件のビュー | January 12, 2022 に投稿された
  • kyocafe chacha 三条店がオープン... 【京都 嵐山で大人気!かわいくって食べやすいワンハンドスイーツ「京ワッフル」の専門ショップが、京都 三条富小... 92件のビュー | December 25, 2021 に投稿された
  • きなこととろり祇園本店がグランドオープン... 【「はんなり、とろり、生仕立て。」きなこととろり自慢のわらび餅/開店ニュース/京都・祇園】 2022年... 82件のビュー | January 11, 2022 に投稿された
  • 京焼・清水焼の職人による「珈琲とうつわ展」... 【京焼・清水焼の職人26人によるコーヒーカップをあつめた展示販売会「珈琲とうつわ展」を京都伝統産業ミュージア... 41件のビュー | January 5, 2022 に投稿された
  • JR宇治駅で山城マルシェを開催... 【今年度最終回の「山城マルシェinJR宇治駅」を開催!/イベントニュース/京都・宇治】 JR宇治駅で、... 39件のビュー | January 4, 2022 に投稿された
  • 京都レストランウインタースペシャル2022... 【京都を代表する料亭やレストラン、ホテルなどが、冬ならではの期間限定メニューを特別価格で提供する「京都レスト... 25件のビュー | January 4, 2022 に投稿された
  • 鶴屋吉信の寅年の幸を願う和菓子... 【創業1803年の京菓子「鶴屋吉信」。晴れやかな新年に、感謝の贈りものに/local news/京都の食】 ... 23件のビュー | December 20, 2021 に投稿された